結婚式を彩るウェディングアイテム一覧

ウェディングアイテムってどんなもの?結婚式を彩るアイテム一覧

レンタルしたほうがいいものと、購入したほうがいいもの

できるだけたくさんドレスをきておこう

神前式や仏前式、人前式、教会等々さまざまな形態があります。
ドレスを着るにせよ、和装にするにせよ、結婚準備期間中に花嫁さんにはたくさんのお衣裳をきまくっていただきたいと思います。
もともと自分が着たいお洋服が決まっている場合は別ですが、なんとなくいいなぁと思っているドレスが複数あるのであればそれも含めて何着でも臆することなく試着できるのがレンタルのよいところです。
似合う似合わないにかかわらず、満足できるだけの時間をかけることが非常に重要なのです。
ウェディングアイテム選びは、テーブルウェアやカトラリー、お花や音楽、余興等々、途中でどうしても妥協をせざるを得ないことに直面します。
自分の思いだけを貫きとおすことのできる新郎新婦はむしろ稀かもしれませんので、許容できるところとそうでないところはレンタルで自分の時間を買っていきましょう。

購入することが多いアイテム

サムシングブルーの言い伝えを日本の結婚式で踏襲する人はあまりいないかもしれません。
しかし、こだわってぜひ青いものをお守り代わりにもっておきたいというカップルは、自分で青いブーケを作ったり、ペアで青い刺繍などをいれたハンカチなどをもっておくことは割合にあるようです。この場合のウェディングチーフは手作り刺繍をしたり、購入することが多いです。
ドレスを着る予定の花嫁さんは、シルエットの補正のためにウェディング用のガードルと、ニッパーを購入することをすすめられます。式場ですすめられるものを購入してもよいですが、若干割高になります。
基本的にはデパートなどで補正下着を購入したほうがお得となります。
ティアラ、ネックレス、ネイルなどは自分で用意する人もいます。親から受け継がれたものであったり、自分で気に入ってあらかじめ買い求めたものがある場合は持ち込みは基本的には応相談となることが多いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る