結婚式を彩るウェディングアイテム一覧

ウェディングアイテムってどんなもの?結婚式を彩るアイテム一覧

ウェディングアイテム選びで雰囲気や格式がきまる

パーティの最後に来賓者にお花や石鹸やケーキなどのプチギフトを新郎新婦が手渡してご挨拶をするのは定番です。 ハンドメイドが好きな人でしたらば、自分の手作りのお菓子などを可愛らしく包装したものを用意したりするのは定番の一つではあります。新郎新婦の趣味を反映させたものを楽しんで作成されるとよいでしょう。

手作りでおもてなし

結婚式は参列する立場だと、余興やお食事、お友達との会話などを楽しみ新郎新婦を祝福でき本当に幸せな気持ちになります。
当事者として自分が来賓をお招きする立場になった時、決めなくてはいけないことが意外と多いことにびっくりしたりします。特に自分にはこだわりがないので、なんでもいいと思っていても、いざウェディングプランナーさんや式場担当者と打ち合わせをしていくと、新たにやりたいことが出てきたり、演出プランなど決めたくなってきたりするものです。
まずは、予算ありき!ということで決められた中でやれる範囲で事務的に決めていくのもひとつの方法です。
ここだけは、自分の手作りのものでおもてなしをしたいというところがあれば、負担のない範囲内で作成されていくとよいかと思います。
大切なのは、お金を節約する=ハンドメイドというわけではありません。
「スマ婚」という言葉に代表されるように、最近はリーゾナブルなお式をしようと思ったら、いくらでもその方法はあります。
式場に任せるところは任せ、オプションとして割高になる部分に対しては外部に発注していくというのも選択肢に加えてよろしいかと思います。
式場によって、持ち込み料は差がありますが、引き出物などは、招待者数のトータルで考えると持ち込みの方が安くなるという場合も結構あります。引き出物や招待状、席札などのペーパーアイテムは列席者に感謝とおもてなしの思いが伝わりやすく、またハンドメイドするにしてもそれほど敷居は高くはありません。

レンタルしたほうがいいものと、購入したほうがいいもの

花嫁さんの醍醐味としては、準備期間中にできるだけ多くのウェディングドレスを着ることだと思います。 小道具である、ブライダルハンカチやパールのネックレス、サムシングブルーなどを手作りで揃える方も中にはいらっしゃいます。 全てレンタルとしてもよいのですが、記念にグローブだけは買うという人もいます。

料理・引き出物・司会者

「料理、引き出物、司会者」は重要です。 アイテムとはちょっと意味合いが違いますが、この3点については、外注するにしても式場のスタッフにおまかせするにしてもプロに頼むのが確実です。 テーブルコーディネイトや花も予算を削ると安っぽい印象となるので、自分たちで手配するにしてもセンスと注意が必要です。

TOPへ戻る